提供サービス

Photography

当サイトは雑誌をはじめとしたグラフジャーナリズムや広告などで活躍中の現役プロ写真家が立ち上げたサイトです。撮影ジャンルは人物、風景、ネイチャー、建築をはじめ料理写真や物撮など多岐にわたり、みなさまのご要望に柔軟に対応することが可能です。撮影依頼につきましては、「お問合せフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

Website Design

シンク・ラボでは、オープンソースCMSツールのWordPress(ワードプレス)を使ってホームページを制作するお手伝いをしております。WordPress最大の特徴は制作後の更新作業を含めたメンテナンス作業を専門家に依頼することなく、お客様自身がワープロ感覚でPCやタブレット、スマートフォン等のブラウザ経由で行え、非常に経済的なことです。

Synergy

シナジー効果(相乗効果)とは、「ある要素が他の要素と合わさる事によって単体で得られる以上の結果を上げること(ウィキペディア)」とされていますが、元々ホームページには写真が必要不可欠のもので切っても切れない関係にあると言えます。写真家自身の手によってサイト制作を行うことにより、計り知れない相乗効果が生まれることでしょう。

WordPressについて

WordPress って何?

Open source

WordPressはオープンソースですので、WordPress本体はもちろん、数多くのプラグインも基本的には無料(一部有料のものもあります)で利用できます。

Responsive

レスポンシブ・ウェブデザインに対応し、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズのページ・デザインを柔軟に調整できます。

Economical

更新作業はお客様自身がPCのブラウザやスマートフォンやタブレット等のアプリからワープロ感覚で行えます。構築後のランニングコストはホスティングサーバ料金とドメインの更新料程度、月々の保守費用や利用料は一切かからず経済的

レスポンシブWEBデザイン

何から…

インターネットの現状?

ホームページ の必要性?

どんなデザインがありますか?

…制作費用は?

制作の流れ

Think Lab ー シンク・ラボについて

ホームページは顧客獲得の強力なツール

総務省の調査によると2013年末のインターネット利用者数は、10,044万人、人口普及率は約83%に達している。端末別利用状況は「自宅PC」が約59%と最多で、「スマートフォン」(約43%)、「自宅以外のPC」(約28%)と続き、大都市ほど利用率が高く、スマートフォン利用率では東京都が約51%と最も高い。ますますホームページの重要性が増しているとともに、スマートフォンやタブレットに対応した対策が急務。

  • さらに高まるホームページの必要性
  • 急がれる携帯端末への対応(レスポンシブレイアウト等)
  • 求められるホームページとソーシャルメディアとの連携
日本のインターネット利用者 人口普及率
83%
利用端末…自宅PC
59%
…スマートフォン
42%
…自宅外PC
28%

ホームページの必要性

規模の大小、個人、法人にかかわらず情報発信としてのホームページの必要性についてはいまさら説明することもないかもしれませんが、近年のスマートフォンやソーシャルメディアの爆発的な台頭により、ホームページの役割だけでなくデザインも大きく変化しています。
ソーシャルメディアが利用できるのあれば、いまさらホームページは必要ないのではないかと思われるかもしれませんが、サイトとソーシャルメディアとが連携することによって、これまでには考えられなかった相乗効果が生まれます。
さらには、これまではPC画面用だけでなくタブレットやスマートフォンといった携帯端末に対応したデザインをそれぞれ用意しなければいけないという大きなハードルがありましたが、現在主流となっていてWordPressでも多数用意されている「レスポンシブデザイン」テーマを利用することによって、一つのデザインでPC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズの複数のページ・デザインを柔軟に調整できるようになります。
また、個人ベースの携帯端末の爆発的な普及により、ネット上の「検索」にヒットしないものは目的から除外する傾向がより強くなっているため、ウェブサイトの必要性はますます増大しているのが現状です。

  • 営業時間や定休日といった基本的な情報だけであっても、独自のホームページを持つ意義は大きい
  • 携帯端末の普及により端末の「検索」機能で目的の情報を見つける傾向が強くなった
  • ホームページだけでなく、さまざまなソーシャルメディアを通じての情報発信および連携が不可欠になっている

デザイン・バリエーション

Windows
91
Apple
7
Android
52
iOS
45

Q & A

コンセプトを決める

方向性・理由は?

どのような方向性・理由でサイトを制作するのかを明確にすることはとても大切なことです。もちろん、名刺代わりにTOPページのみのサイトに営業時間や定休日、住所等の基本情報だけでもある程度の効果はありますが……。 しかしながら、これらが不明確なままサイトを立ち上げても、それ以上の効果は期待できず、事前にコンセプトをしっかり考える必要があります。

誰に向けて発信するのか?

誰に向けて情報を発信するのかということも、サイトを制作するうえで大切なことです。もちろん、近隣の顧客獲得を目的に限定された地域に向けて情報発信することでも十分効果がありますが、インターネットの特徴は、そのような地域限定の情報であっても情報自体は全世界に向けて発信されてしまうということ。 サイトを構築するにあたり、ターゲットを絞ることが重要なのは言うまでもありませんが、それと同時に広い視野での対応も考慮した方が、より可能性が広がるでしょう。

どのような情報を発信するのか?

定休日や営業時間、住所や連絡先などといった基本的な情報はもちろんですが、その他にどのような情報を発信するのかといったことをよく考えなければなりません。 例えば飲食店の場合、「どんなものが、どのくらいの予算で食べられるのか?」といったことを大多数のユーザーが求めているため、代表的なメニューや価格を掲載したり、店主の一言、スタッフの顔写真、店舗写真などを掲載するといった方法が一般的でしょう。 逆に、具体的なメニューは一切載せず、印象的な写真を使ってお店の持っている雰囲気を伝えるといった方法もありますが、お店の考えるコンセプトを伝えるためのサイトになってしまうかもしれません。

他との違い、強みは?

同業他社(店)との違いや強味は何でしょうか?この部分を明確にし、適切な場所に適切に掲載することによってサイトを訪れるユーザーにもストレートに伝わるようになります。

一番伝えたいことは?

Websiteで一番伝えたいことは何でしょうか?あれも伝えたい、これも伝えたい……と、情報を詰め込みすぎた結果、「何を伝えたいのか?」がわかりづらくなってしまいがちです。特に携帯端末を使っての検索では「結果をすぐに求める」傾向がありますので、「一番伝えたいこと」を「一番目立つ」場所に目立つように掲載することが重要です。

更新頻度、更新方法は?

ウェブサイトは出来上がってからが勝負とも言え、情報を発信し続けることがとても大切です。新たな情報を発信し続けることで検索エンジンにも引っかかりやすくなりますので、作ったら放りっぱなし…ということではいけません。 その点、WordPressの新規記事投稿や更新作業は基本的にPCやタブレット、スマートフォンのブラウザ上から行いますので作業自体は簡単です。また、携帯電話からメールで投稿できるプラグイン(別項を参照してください)もありますので、別途ご相談ください。 WordPressにはワープロのように文字入力のできる「ビジュアルエディタ」が標準で付属していますので、、文字の右寄せや中央配置、文字の大きさ、フォント色の変更なども簡単にできます。 また、画像を追加したり、リンクを追加する場合もツールバーのアイコンをクリックするだけで簡単に挿入することが可能となっています。
WordPressに標準搭載のビジュアルエディタ
editer_01  ビジュアルエディタ上部のツールバーにはわかりやすいアイコンが配置
お客様でご用意いただくもの

インターネット接続環境

サイト制作自体は当方で行いますので、その時点ではインターネット接続環境は必ずしも必要ありませんが、サイト構築後のメンテナンスや日々の更新作業に接続環境は必須となります。 もちろん、タブレットやスマートフォンからの更新作業も可能となっていますが、作業効率を考えればPCからの更新作業をお薦めします。

画像(写真・イラスト)

ウェブサイトには写真を含めた画像が必要不可欠です。お客様自身がデジタルカメラや携帯電話で撮影した画像はもちろんですが、デジタル化されていないロゴマークやデジタル化されていない写真やイラストをリーズナブルな価格でデジタル化する作業も承っていますので、ご希望の場合にはご相談ください。

テキスト

写真やスラスト、ロゴマークなどとともに欠かせないのがテキストです。本文に利用するテキストはもちろんですが、他との違いや強みを伝えるためのキャッチフレーズもぜひご用意ください。また、デジタル化されていないテキストも当方でデジタル化する作業を承っておりますのでご相談ください。

独自ドメイン

現在ご覧の当方のURLは http://site.juli.jp となっていますが、「juli.jp」の部分が独自ドメインとなります。 ドメイン名はインターネット上の「住所」になるもので、字数の少ないもの、意味のあるものから取得されていて早い者勝ちとなります。 独自ドメインを取得するには業者に依頼することになりますが、当方でも取得サポートも可能となっています。 ※契約や月々のお支払いはお客様自身でお願いします。

レンタルサーバー(ホスティング)

レンタルサーバーはウェブサイトのデータや基本ソフトウェアのWordPressをインストールするのに必要となります。 サーバーなど聞くと大げさな印象を受けるかもしれませんが、月額1,000~2,000円程度と安価ですのでご安心ください。 もちろん、面倒なインストール作業やサイト構築も当方でサポート可能です。※契約や月々のお支払いはお客様自身でお願いします。

用語解説

ウェブサイトとホームページ

一般的にホームページとはウェブサイトの表紙にあたるトップページのことを指します。
当サイトではトータルなサイトを制作するサービスを提供しておりますので、広く使われている「ホームページ」という表現ではなく「ウェブサイト(Website)」という表現を使っています。

CMSツール

CMSとはContent Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略称で、技術的な知識がなくても画像などをブラウザ上からアップロードし、ワープロソフトのように直接テキストを入力することによって簡単にウェブサイトを構築できるように工夫されたシステムです。このサイトで扱っているWordPress(ワードプレス)やかつて一世を風靡したMovable Type(ムーバブルタイプ)も含まれ、基本的にはサーバー上に設置するブログソフトと呼ばれているソフトウェアの一種です。

WordPress(ワードプレス)

wordpress-logo-stacked-rgb

WordPressはCMSツールの中でも圧倒的なシェアを誇るシステムで、オープンソースで開発されており、ソフトウェアは完全に無料で利用でき、機能を拡張できるプラグインの多くも無料で利用できます。
Open Source(オープンソース)) とは、ソースコード(ソフトウェアの設計図のようなもの)をインターネット上に無償で一般に公開し、複数の人々によりソフトウェアの開発や改良を行っているソフトウェアを指します。
オープンソースのすべてが無料で利用できるとは限りませんが、WordPressは完全に無料で利用できる優れたソフトウェアで、セキュリティーアップデートや機能強化のバージョンアップも頻繁に行われ、それらもすべて無料で利用できます。

レスポンシブデザイン

PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズのページ・デザインを柔軟に調整できるデザインを指します。
これまでは複数の異なる画面サイズにそれぞれのページを用意する必要がありましたが、レスポンシブデザインでは一つのファイルを編集することで、複数の異なる画面サイズ端末に対応させることが可能になり、サイト運営の省力化にもつながります。

PCと携帯端末の表示の違いの例

このサイトをPCで表示させた時のレイアウト  このサイトをタブレットやスマートフォンで表示させた時のレイアウト

プラグイン

プラグインとは一般に拡張機能を追加するソフトウェアを指しますが、WordPressでも様々な機能を拡張するプラグインが提供されており、その多くは無料で利用できます。
このサイトで紹介している不動産向けデータベース機能を追加するもの、Google Mapをサイトに設置できるもの、ソーシャルメディアとの連携機能を追加するものなどの他にも多数のプラグインが追加され続けています。

さまざまな実働プラグインリンク

■ Google Map 右サイドバー下方にあります
■ お問合せフォーム
■ ソーシャルメディア連携 メインページ下方および各記事下に表示されます
■ 予約システム カレンダー上から予約可能
■ 不動産プラグイン 物件を登録できます
利用料はすべて無料です。(設置料は有料)

固定ページ・投稿ページ

WordPress では固定ページと投稿ページの二つの種類のページがあります。今ご覧のこのページは固定ページとなっています。それに対して投稿ページとは投稿者が書いた記事を一覧表示するページで、ブログの記事と考えればわかりやすいかもしれません。このサイトでは「News」がそれにあたります。
WordPress では固定ページの一部に、投稿ページのタイトルや抜粋、アイキャッチ画像を表示できるようになっていて、このページの最下部に表示されている「最新ニュース」がそれにあたります。

制作費について

制作費

基本制作費 50,000円(税別)
・サーバー設定
・WordPressインストール
・ページ構成全3ページ(固定2ページ、投稿1ページ)
デジタル化されたテキスト及び画像の提供が前提となります。(テキストと画像のデジタル化をご希望の場合はご相談ください。)

WordPressはお客様自身が更新作業を行いますので、当方からサイト制作後の月々の保守費用や利用料を請求することは一切ありません。また、必ず事前にお見積り書を発行しますのでご安心ください。(※お客様自身が契約するホスティング料金やドメイン使用料は除きます、詳細は下記の「ドメイン取得・更新料」欄をご覧ください。)
また、期間限定の「お試しキャンペーン」も実施しておりますので、とりあえずはそちらを利用してから徐々に機能を拡張するという方法もあります。
「お試しキャンペーン」の詳細はこちらをご覧ください

プラグイン設置料

プラグイン(サイトに拡張機能を追加するソフトウェア)を使って、さまざまな機能を追加できます。例えば、お問合せフォーム、Google Map、ソーシャルメディアとの連携機能など商用にはサイトに欠かせない基本的なものから、不動産向けデータベース機能、ネット予約機能など特定の業種に特化したものもあります。WordPressにも様々なプラグインがあり、その多くは無料で利用できます。 (なお、プラグインの設置作業費は有料です。料金は種類によって異なります。5,000円~)

画像処理等

ウェブサイトにはアイキャッチとしての写真などの画像が必須ですが、その良し悪しがサイトの評価に直結するものです。
当方ではお客様がお持ちのデジタル化された画像を使ってウェブサイトを構築しますが、ご希望があればデジタル化されていない写真等のデジタル化はもちろん、新規の撮影も承っております。
また、修正や切り抜き、合成やロゴの作成といった「画像処理」が必要になる場合には、お気軽にご相談ください。

ドメイン取得・更新料

基本的にドメイン取得や更新に関してはお客様自身が契約を行っていただきますが、当方でも取得のお手伝いは可能ですのでご相談ください。
一例ですが、「.com」「.net」などのドメイン年額は680円程度から(更新料は年額1,280円程度)、「.jp」ドメインは2,840円程度(更新料は年額2,840円程度)、「.co.jp」は日本国内に登記されている企業のみが取得でき年額3,780円程度(更新料は年額5,200円程度)、法人の捺印や印鑑登録証明書などの提出が必要。

ホスティング料金

ホスティング料金とはレンタルサーバーの料金と同義語です。
ホスティング料金はその業者によってさまざまで、月額500円程度から数万円までと幅広い金額ですが、一般的には1,000円前後から2,000円程度であればWordPressが動く環境が手に入れられます。
ただし、不動産プラグインを使用し登録件数が多数になる場合(もしくはトータルで多数を登録した場合)データベースファイルが肥大化する可能性があるため、最初からWordPress専用サーバーを選択した方がよいでしょう。
とはいっても、月額980円程度から始められるようですので、安心してください。

制作の流れについて見る

制作の流れ

お問合せフォームからご連絡

お問合せフォームからご連絡ください。 WordPressの様々なテーマをご覧になった上で、こんなページが良いななどと言う漠然としたデザインでも構いませんのでご希望をお聞かせください。ページ構成や企画を検討し、お見積もりをご提出させていただきます。

ご契約完了 → 制作開始

お見積もり内容に問題がなければ、着手金をお支払いいただいた後に制作開始いたします。お支払い時期は実作業開始前に着手金として半金、完成後に残金をご入金いただくようにお願いしておりますが、分割でのお支払いをご希望されるお客様は事前にご相談ください

素材の準備

お客様にはデジタル化された素材(掲載する写真・イラスト・文章・ロゴ・会社案内、お店紹介、商品情報、営業案内、求人情報等など)の準備と提供をお願いいたします。

写真撮影・イラスト制作代行 スキャニング・文字入力

ご希望があれば有償でお客様から送付されたデジタル化されていない写真、イラスト、手書き文章をデジタル化します。 また、現役のプロ写真家による新規の素材撮影も承っておりますのでご相談ください。

基本料金:2時間以内 10カット以内 20,000円(税別)

画像処理等

お客様からいただいた画像データを必要に応じて画像処理(修正・切り抜き・合成・等)を行ないます。

プレゼンテーション

当方のサーバーに実際にWordPressをインストールし、ダミーデータを使用し、全体の骨組みがわかるようなテスト環境を制作し、プレゼンテーションいたします。この段階での修正は、お客様に納得いただくまで繰り返します。

各ページのデザインをご提出

当方のサーバー上のテスト環境でご確認をいただくことができ、問題が無ければ、仕上げ作業に入ります。

最終確認

サイト全体の最終確認をいただいた後、当方サーバー上のテスト環境での作業は終了となります。 残金のお支払いを頂いたのち、お客様が契約したサーバーにWordPressインストール作業、データの移行を経て一般公開をし、ウェブサイト制作作業は完了します。

更新方法のご説明

WordPressは、必要箇所をご自身で修正していただくことができます。簡単なマニュアルを作成しメールで送付させていただきます。 ご不明な点は、直接お電話やメールでご説明をさせていただきます。

公開後の修正、機能追加、デザイン変更、追加撮影

お客様のサーバーで公開後の修正、機能追加、デザインの変更、追加撮影などは新たに料金が発生しますのでご注意願います。

Think Lab ー シンク・ラボについてもっと知る

シンク・ラボについて……

長年、雑誌等のグラフジャーナリズムや広告等の第一線で活躍してきたプロの写真家。撮影ジャンルは人物、風景、ネイチャー、建築をはじめ料理写真や物撮など多岐にわたります。

加藤雅昭 写真家

プロの写真家として活躍すると同時に、写真団体の会員として長年にわたりウェブを担当してきた経験を生かし、WordPressに特化したウェブサイト制作サービスを提供しています。

Masaaki Kato WEBデザイン

シンク・ラボについて

Think Lab ー シンク・ラボではWordPressに特化したウェブサイト制作サービスを提供しております。WordPressに特化することにより、リーズナブルな費用でSITEが制作できるように努力しております。
また、当方は雑誌をはじめとしたグラフジャーナリズムや広告などで活躍中のプロ写真家が立ち上げたサイトで、撮影ジャンルは人物、風景、ネイチャー、建築をはじめ料理写真や物撮など多岐にわたり、みなさまのご要望に柔軟に対応することが可能です。撮影依頼につきましては、「お問合せフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

最新ニュース

期間限定!わずか60,000円でプロ写真家による素材撮影とウェブサイト制作がセットになったお得なプラン!

シンク・ラボでは、WordPress本体やプラグインの多くが基本的に無料で利用できることから、ウェブサイト制作 […]

ビジネス向け見本サイトを公開しました

ビジネス向けの見本サイトを公開しました。 テーマは株式会社ベクトルが提供する無料テーマBizVektorを使用 […]

不動産店向け見本サイトをオープンしました

不動産店向け見本サイトを作成しました。 このサイトは「WordPressで不動産ホームページが手軽に低コストで […]

すべてのニュースを見る